利便性の高いデータセンターの利用、修理する価格も低価格化を実現

知って安心なパソコン修理の業者について

劣化問題に

hdd認識で問題が出たときの対処法

HDDには内蔵と外付けがあります。 まずはhddには寿命があり長年使うと壊れてhdd認識しない状況に陥る可能性が高まります。 外付けのhddはケーブルや電源の不良、hddの寿命があります。 新品であれば交換してもらい、長年使用しているのであれば寿命の可能性が高いですので買い換えるしかありません。 次にパソコンに増設したときにhdd認識しない原因を探っていきましょう。 新たにhdd増設したときは手動でフォーマット作業が必要になります。 認識しているのならディスク管理に未領域のhddが表示されていますのでフォーマットしましょう。 そもそもディスク管理にも表示されていない場合は、ケーブルが正しく接続されていなかったりケーブルや接続端子の不良、hdd自体の初期不良などが考えられます。 全て確認しhdd認識しないようであれば購入店舗やカスタマーサービスに連絡しましょう。

hddの劣化を防ぐために工夫できること

突然、hdd認識しないとなると困るものです。 OSの入っているドライブが認識しなくなるとパソコンを起動することも出来ません。 hddを少しでも長く使用するためには自分で出来る工夫があります。 hddは素材は熱に弱いためパソコンの空気の流れが悪いと熱が籠もり故障の原因にも繋がります。 よくあるのは排気口の出入り口がホコリでふさがってしまっていることです。 定期的に排熱口を掃除しパソコン内部もエア−スプレー等でホコリを取り除くようにしましょう。 もう1つはhdd自体の寿命です。hddには回転軸があり回転数が多ければ軸の劣化が早くなる可能性があります。hddへのアクセスを少なくすれば回転数を少なくすることにも繋がります。hddの断片化は不要なアクセスで回転数を増やす原因になります。そのためには定期的なデフラグを行いましょう。